楽天モバイル 0円運用

楽天モバイル

楽天モバイル0円運用のやり方|選ぶべきおすすめスマホやQ&Aも業界人が解説

楽天モバイル 0円運用
  • 楽天モバイルをできるだけ安く維持したい(0円)
  • 0円で維持するための具体的な方法を教えて欲しい
  • 楽天モバイルを0円で維持するための注意事項を知りたい

楽天モバイルは、月間データ量が1GB以下ならば基本料金が無料。

さらに楽天モバイル専用アプリ、楽天Linkで電話をすると通話も無料で使えることから人気沸騰中の第4のキャリアです。

ここまで安い会社ならば、できるだけ安く維持したいですよね?

先に簡単な結論から紹介すると、楽天モバイルは簡単なルール守ることができれば0円で運用をすることは簡単です。

今回の記事内容は、楽天モバイルを最安値で(0円)維持運用するための具体的な方法や注意ポイントを紹介します。

この記事を読むことで、楽天モバイルを0円運用する方法を網羅できます。

楽天モバイルの0円運用は実現可能?
【大切なのは2つのルールと請求項目】

【0円運用2つのルール】

  • 通話は専用アプリ「Rakuten Link」を使う
  • データ通信は1GB以下で使う

結論からお話をすると、楽天モバイルは2つのルールを守るだけで0円運用は簡単に実現します。

無料になるには、データ通信が0GB〜1GB以下の基本料金0円をキープすること。
そして通話料は楽天Linkを使い0円で維持します。

反対に、これ以外の料金に関しては請求されるということです。

請求される項目

  • 1GB以上データ通信を利用した場合
  • デフォルトの電話アプリによる通話
  • 楽天モバイルのオプションや、サブスクリプション課金
  • スマホの分割料金
  • 2台目の契約をしていないか?

    など

最安値の0円運用をするのであれば、ルールを守って利用すること。

そして、余分なオプションやサブスクリプションサービスなどは利用しないようにしなければいけません。

次の項目では、具体的なルール2点をより細く紹介していきます。

【0円運用ルール①】通話は必ずRakuten Linkを使う

楽天モバイル 楽天リンク

楽天モバイルを0円で運用をするにはRakuten Linkアプリが欠かせません。

楽天モバイルはスマホの中にもともと入っている電話アプリで通話をすると、通話料金が発生します。

しかし、楽天リンクを使って通話をした場合、他社スマホや企業ダイヤルでも無料で通話をすることができます。

通話無料の楽天Linkは楽天モバイルだけの優秀なサービス!

楽天Linkの内容を簡単にまとめると、以下のとおり。

楽天Linkのかんたんまとめ

  • 通話が無料で利用できる
  • LINEのように相手が楽天リンクアプリを入れておく必要がない
  • 留守番電話・着信転送も無料で使える
  • 050〜のIP電話にも無料で通話できる

通話を0円で利用できる会社は、楽天モバイルを除いて他にありません。

しかし、楽天Linkを使う上での注意事項があるのも事実です。

楽天Linkのかんたん注意ポイント

  • 無料通話の対象外番号がある
    (0570からの番号・0180からの番号・国内から海外への発信など)
  • アプリの不具合が稀にある
  • 音声品質が利用するエリアによって悪くなる
  • Wi-fi環境で使うと自分の番号が相手に表示されない

おかねに関わることは、無料通話対象外の番号に発信しないようにすることくらい。

楽天リンクに関してもっと詳しく知りたい人は「楽天モバイル|楽天リンクの評判※デメリットや口コミを含めプロが解説」でも解説しています。

気になった人は参考にしてください。

関連記事

【0円運用ルール②】データ通信は「1GB以下」しか使わない

楽天モバイルを0円で運用するにはデータ通信を1GB以下で利用しなければいけません。

1GB以上データ通信を利用すると、楽天モバイルの基本料金は課金が始まります。

楽天モバイル 料金表
データ通信料金額(税込)
0GB〜1GB0円
1GB〜3GB1,078円
3GB〜20GB2,178円
20GB〜3,278円

料金表を確認すると、楽天モバイルが利用したデータ量に応じて基本料金が請求される会社ということが分かります。

楽天モバイルの料金について詳しく知りたい人は、公式サイトを参考にしてみてください。

【楽天モバイル】料金をチェック

こちらの記事でも詳しく紹介しています。

関連記事

では実際にデータ通信を抑えるには具体的にどうすればいいのか気になりますよね?

データを節約するには、Wi-fi環境以外ではあまりスマホ を操作しないことが重要です。

最近はショッピングセンターや店舗の中ではフリーWi-fiがあるところも多くなっているので、データ通信の節約とフリーWi-fiを頻繁に活用していきましょう。

ポイント

  • 屋外ではフリーWi-fiを使うようにする
  • 定期的に、自分が利用しているデータ通信量を確認する
    (My Rakutenモバイルアプリ)
  • スマホのデータ通信を制御する

【Q】使ったデータ量を正確に把握するにはどうすればいいの?

自分がどれくらいのデータ容量を使っているのかを正確に把握するには「My Rakutenモバイル」アプリを使います。
(ブラウザ版でもOKです)アプリ→

My Rakutenアプリ→左下のホーム→1ヶ月のデータ利用量を確認

My楽天モバイル データ残量 確認

これで簡単に確認することができます。

中央に記載されている3.19GBの箇所が1GB以下だったならば0円運用の成功。

上の図の場合は失敗例ですw

My Rakutenモバイルアプリは請求金額を確認することもできるので、楽天モバイルを契約した場合は必ずアプリインストールをしておきましょう。

【データ制限】1GB制限をスマホに設定する(android)

楽天モバイルを1GB以下に抑えるのであれば、スマホにデータ通信制限を設定するのも有効手段です。

しかしこの方法は、規定容量に到達するとインターネットが繋がらなくなるで注意しましょう。
(※簡単に解除できます)

また、アンドロイドは機種により設定方法が変わってきます。

今回紹介する内容と多少食い違いがある可能性があることを了承ください。

データ制限をする方法

  • 【設定】を選択
  • 【ネットワークとインターネット】を選択
  • 【モバイルネットワーク】を選択
  • 【アプリのデータ使用量】を選択
  • メニューアイコンをタップ
  • アプリのデータ使用量をタップ
  • 毎月の開始日は「1日」に設定
  • データ警告は900MBに設定
  • データ上限の設定はオンに設定
  • データ上限の設定値を990MBに設定

以上で設定方法は完了です。

もし、上記の方法で設定がうまくできなかった場合は、google検索でやり方を調べましょう。

具体的には、「機種名(スペース)データ制限」で検索すると、回答が出てきます。

または、オンラインマニュアルなどを参考にして設定をしましょう。

【データ制限】1GB制限をスマホに設定する(iPhone)

iPhoneはデータ容量を指定し制限する機能がありません。

iPhoneのデータ容量を節約する具体的な方法は2つ。

iPhoneのデータ制限方法

  • 省データモードを活用する(そもそものデータ利用量を節約する)
  • 外部アプリを使ってデータ制限をかける

まずは省データモードから解説します。

省データモードとは、ios13以降に登載された機能で、iPhoneの中にあるアプリ全に対して、データ送受信を節約する指示を与える機能です。

具体的にはこれらに影響を及ぼします。

  • アプリがバックグラウンドでの通信・ダウンロードを制限
  • 動画の画質レベルの低下
  • ブラウジングスピードの低下

設定をすることで、iPhoneそのもののデータ通信の節約ができるようになります。

設定方法は以下のとおりです。

省データモード設定方帆

  • 【設定】をタップ
  • モバイル通信をタップ
  • 省データモードにしたい回線を選択しタップ
  • データモードをタップ
  • 省データモードをタップ

設定自体は簡単です。

しかし、1GBのデータ制限を行うもの設定ではありません。

iPhoneにデータ制限をかけたい場合には、外部アプリを使えば問題は解決します。

データ制限アプリは、様々な種類があるので自分に合ったアプリを選ぶのがベストですが、私がおすすめするアプリは「ギガ残量」です。

ギガ残量

ギガ残量

Rigato, inc.無料posted withアプリーチ

ギガ残量アプリは、以下の特長があるので非常に使いやすいです。

ギガ残量 ウィジット
  • 無料で使うことができる
  • シンプルで簡単なUI画面
  • データ制限にも対応
  • ウィジット対応

今回紹介しているアプリを利用する場合、楽天モバイルやapple公式のアプリを使う訳ではないので、動作保証がされていません。

定期的にMy Rakutenモバイルアプリと合わせてチェックしてください。

【失敗例】楽天モバイルの請求される4つのケース

楽天モバイルの0円運用をしていたけれど、料金が請求されることもあるでしょう。

この場合、4つのケースのどれかに該当しています。

請求される項目

  • 1GB以上データ通信を利用した場合
  • デフォルトの電話アプリによる通話
  • 楽天モバイルのオプションや、サブスクリプション課金
  • スマホの分割料金
  • 1人で2台以上契約している

楽天モバイルを0円で運用する上で大切なことは、何が請求される項目なのか?を把握しておくこと。

ここから先は、請求される4つの項目を紹介します。

【請求項目①】データ容量1GBをオーバーした場合

既に紹介しましたが、0円運用をするにあたり大切なことは、データ通信を1GB以下に抑えなければいけません。

  • スマホのデータ通信に制限をかける
  • My楽天モバイルアプリで定期的なチェックをする
  • iPhoneの場合は省データモードや外部アプリを利用する

大切なことは徹底した管理。

しかし実際の所、月のデータ通信料を1GB以下に抑えるのは大変です。。

やってみるとわかりますが、Wi-fi環境以外でしか気軽にスマホを使えないのはストレスでしかありません。

どうしても0円運用をしたい人は、ある程度のストレスがかかることは覚悟しまししょう。

しかし、毎月の料金を1,000円以下である程度スマホを快適に使いたい人は別に方法があります。
(正確な金額は440円または660円で運用する方法です)

それは楽天モバイルと他社格安SIMを併用して使う「デュアルSIM運用」です。

詳しく知りたい人は、当ブログの別記事「楽天モバイルとIIJmioを併用した最強スマホ」でも解説しています。

気になった人は参考にしてください。

【請求項目②】楽天Linkアプリ以外で通話をした場合

楽天Link以外で通話をした場合は、通話料が請求されます。

スマホの中にもともと入っている、通話アプリのことです。

通話アプリ アイコン画像

楽天Link以外のアプリで通話をした場合には、30秒22円の通話料が発生します。

0円運用を行う上でも、通話には特に注意が必用。
特に楽天モバイルでiPhoneを使う人は要注意です。

iPhoneの場合、着信は楽天Linkを受けることができず純正アプリで通話を受信します。

折り返しをする際に、誤って純正アプリを使って通話をしてしまうひとが多いので注意が必要です。
またiPhoneはSMS(ショートメール)有料なので注意しましょう。

iPhoneで折り返しをする場合は、着信履歴を確認して楽天Linkアプリから折り返しましょう。

【請求項目③】オプションやサブスクリプションの請求

  • 楽天モバイルのオプションに加入をしている。
  • 月額制の館員サービスに加入している。

オプションに加入をしていたり、月額サービス(サブスクリプション)に加入している場合は、請求が発生します。

楽天モバイルのオプションはMy楽天モバイルアプリから簡単に確認・取り外しができます。

【My楽天モバイルアプリ】を開く
 ↓
メニューから【契約プラン】を開く
 ↓
【オプションサービスの追加・削除】をタップ
 ↓
はずしたいオプションのレ点をタップして解除する

保険サービスは一度解約すると、再加入ができないので慎重に取り外しをしてください。

androidに限った話ですが「楽天モバイルキャリア決済」を使い、課金やサブスクリプションに加入しているケースも考えられます。

確認方法は以下の手順です。

【My楽天モバイルアプリ】を開く
 ↓
画面下の【利用料金】をタップ
 ↓
キャリア決済の下にある赤文字「設定・ご利用明細確認」をタップ
 ↓
プルダウンから明細確認したい日付を選択
 ↓
完了

この方法で、キャリア決済の利用履歴を確認できます。

毎月一定の請求が発生しているようであれば、サブスクリプションサービスに加入している可能性が高いです。

その場合は、以下の方法でサブスクリプションサービスを解除できます。

【Google Playアプリ】を開く
 ↓
右上のプロフィールアプリを開く
 ↓
【お支払いと定期購入】をタップ
 ↓
【定期購入をタップ】
 ↓
定期購入のリストが表示されるので、該当サービスをタップし解除を行う

【請求④】スマホを分割で購入している場合

当然ですが、楽天モバイルを契約した時に「スマホを分割で購入した場合」には、スマホの分割代金が請求されます。

これに関しては、どうすることもできないので諦めて分割を完済するまで付き合いましょう。

【請求⑤】2台目以降の契約をしている

0GB〜1GBは基本料金0円。

この料金プランにはルールはあり、1人1回線のみ適応というルール。

したがって、2台目以降の契約に関しては、たとえ1GB以下であったとしても1,078円(税込)から料金がスタートします。

既に契約をしてしまっている場合には、名義変更をする以外に方法はありません。

名義変更については、公式ページリンクを貼っておくので参考にしてください。

【楽天モバイル0円運用】業界人が選ぶおすすめスマホを紹介

楽天モバイル おすすめ スマホ

楽天モバイルを0円運用するための具体的な方法はご紹介しました。

でも、毎月の料金だけではなくスマホもお得に購入できたら嬉しいですよね?

楽天モバイルを初めて契約する人は、スマホも一緒に購入することで楽天ポイントが還元されます。

今では実質0円機種は、ほとんどが品切れになってしまい購入できる機種が限られていますが、まだまだお得な機種は残っています。

ここから先は楽天モバイルで発売されているおすすめスマホを紹介します。

もっと詳しく

楽天モバイルはポイント還元だけではなく、基本料金3ヶ月無料キャンペーンなど、たくさんの特典があります。

契約するとどんな特典が貰えるのか知りたい人は、別の記事【楽天モバイル】キャンペーン内容を徹底解剖でも紹介しています。

気になる人は参考にしてください。

【おすすめスマホ①】Rakuten Hand|唯一の実質0円スマホ

楽天Hand おすすめ
コスト
カメラ
操作性
ディスプレイ
携帯性
バッテリー性能

ポイント

  • 楽天モバイル実質0円の生き残り機種
  • サイズが小さく携帯性に優れている
  • メインスマホではなくサブスマホにおすすめ

楽天モバイルオリジナルスマホのRakuten Hand。

サイズ5.1インチと小さく、携帯性に優れているのがこの機種の特徴。

小さいながらもCPUがSnapdragon™ 720Gを搭載しており、日常使いにおける操作性も問題なし。

他の機種と比較するとバッテリーが小さいので、電池持ちに関しては対策が必要になる可能性が高いです。

→Rakuten Hand紹介ページはコチラ

Rakuten Handをチェック

【おすすめスマホ②】OPPO Reno5A

OPPO Reno5A おすすめ
コスト
カメラ
操作性
ディスプレイ
携帯性
バッテリー性能[star34]

ポイント

  • 楽天モバイルでおすすめしたい機種No1
  • 実質1万円代で購入できるスマホの中では、最高ランクの性能
  • カメラ性能が楽天モバイルの中でダントツ優秀
  • どのスマホにしようか迷っている。そんな人はOPPO Reno5Aで決まり

楽天モバイルで発売されているアンドロイドスマホの中で、優秀なスマホはどれ?と聞かれたらOPPO Reno5Aと即答します。

それくらいにオススメのスマホ。

  • メモリ:6GB
  • HD:128GB
  • CPU:Snapdragon765G
  • カメラ画素数:最大6,400万画素

防水・防塵・おサイフケータイも等際されているので、非の打ち所がないスマホといってもいいです。

→OPPO Reno5A紹介ページはコチラ

OPPO Reno5Aをチェック

【おすすめスマホ③】AQUOS wish

楽天モバイルaquos wish おすすめ
コスト
カメラ[sta3]
操作性[sta3]
ディスプレイ
携帯性
バッテリー性能

ポイント

  • スマホをシンプルに使いたい
  • 安心&安全の日本製
  • 丈夫で長く1つのスマホを使いたい

日本メーカー「AQUOS」から発売された新機種。

とりわけ大きな特徴はないものの、シンプルにスマホを使いたい人にはおすすめ。

高齢の人にも使いやすいシンプルモード、防水・防塵・耐衝撃性能を備えています。

AQUOS独自技術「IGZOディスプレイ」も継承されているので、電池の持が永く使えるのは嬉しい長所です。

他社から乗り換えの場合、ポイント還元で実質1万円を切る値段で購入できるでコスト面も申し分ないです。

しかし高スペックスマホではないので、オンライン ゲームや動画編集などには向かないスマホということは覚えておきましょう。

→AQUOS wish紹介ページはコチラ

AQUOS wishをチェック

【よくある質問]楽天モバイル0円運用のQ&A

Q&a

楽天モバイルの0円運用を検討している人の「よくある質問」を紹介します。

実際に販売をしていた時にも聞かれた内容も合わせて紹介すしていきますね。

【質問1】ユニバーサルサービス料や電話リレーサービス料はかからないの?

以前の楽天モバイルはユニバーサルサービス料金が無料でした。

しかし、現在の楽天モバイルはユニバーサル料金が発生します。
それとは別にリレーサービス料も発生するようになりました。

  • ユニバーサルサービス料:3円
  • 電話リレーサービス料:2円

でも、この2つの手数料は0GB〜1GBの料金圏内であれば発生しません。

【質問2】これらもずっと0円で維持できる?

楽天モバイルの0円運用は、楽天モバイルの規約が改定されるまでは、ずっと0円で維持できます。

しかし、楽天モバイルの規約が変更される可能性は0ではありません。

基本料金0円は楽天モバイルの目玉サービスであり、これ目当てで契約をする人がいるのも周知の事実なので、撤廃する可能制は少ないと考えて問題ないと思います。

【質問3】iPhoneでも0円運用は可能なのか?

楽天モバイルの0円運用は、もちろんiPhoneでも可能です。

しかし、iPhonneの場合はandroidと違い注意・確認するべき項目が多いです。

注意ポイント

  • データ通信量をMy楽天モバイルアプリ定期的に確認
  • 通話の折り返しに注意(必ず楽天リンクアプリで発信)
  • SMSは利用しない
  • データ制限は社外アプリを使う

特に通話の折り返しは注意が必要です。

【質問4】料金を一定額に抑える方法はないの?

楽天モバイルは、データを利用したぶんだけ請求がくる「従量制」を採用しているので、自動で料金を一定におさえることはできません。

裏を返せば、データ通信を制御できれば料金のコントロールがでます。

そして他社の格安SIMと組み合わせて利用することで、楽天モバイルをもっと使いやすくすることもできます。

他の格安SIMと組み合わせる方法は別の記事「楽天モバイルと相性がいい格安SIM」で詳しく紹介しています。

気になった人は参考にして下さい。

関連記事

【質問5】家族みんなで0円運用を考えているけど可能?

家族全員のスマホを0円運用することは可能です。

しかし、楽天モバイルの基本料金0円は1人1台まで。

つまり、名義を全て別々で契約をしなければいけません。

ポイント

  • 名義は全て別々で契約しなければならない
  • 別々の楽天IDを作成しなければならない
  • 18歳以下の契約はフィルタリング(330円税込)が発生する
    (契約時は強制加入。後で取り外し可能)

楽天モバイルの基本料金0円やキャンペーンは1人1回までなので、必ず家族別々の名義での登録をしてください。

家族全員で乗り換えをする場合、移転元会社の名義も合わせないと審査NGになる可能性もあるので、契約前に必ず各人しましょう。

詳しくは別の記事「楽天モバイルの審査落ち」で紹介しているので、家族全員で楽天モバイルに乗り換えをする場合はかならず一読をおすすめします。

関連記事

【まとめ】楽天モバイルを0円運用をする具体的な方法と事前知識をおさらい

今回の記事記事はモバイルを0円で運用する具体的な方法を紹介してきました。

楽天モバイルは2つのルールを守るだけで、簡単に0円でスマホを運用することができます。

0円運用【2つのルール】

  • スマホのデータ通信料は1GB以下にする。
  • 通話アプリは楽天Linkを使う。

ルール自体は簡単ですが、月間のデータ量を1GB以下におさえるのに体感だけでは不可能です。

2つのルール以外で重要なことは以下のことです。

  • 自分のデータ利用状況を把握すること
  • データに制限をかけること
  • 請求される項目を理解すること。

楽天モバイル0円運用はコツさえわかれば、簡単に対応できます。

記事を参考にして、スマホをお得に使ってくださいね!

最後まで読んでいただき、ありごとうございました!

-楽天モバイル