ワイモバイル

騙されない|ワイモバイルはやめたほうがいい?【10の悪評】には解決方法がある!

ワイモバイル やめたほうがいい?

ワイモバイル

・必ずもらえるPayPayボーナス3,000円
・スマホが最大21,600円値引き

\ワイモバイルは選べる特典が豊富/

  • SIM乗り換えで最大10,000円還元
  • タイムセールでスマホを1円でGET
  • 新どこでももらえる特典
  • 今なら1年間データ容量が無料で増量

ワイモバイルはテレビCMが多く流れているから知名度が高く、格安スマホの中でもシェア率が多い人気の格安スマホです。

そんなワイモバイルなのですが、

 

  • ワイモバイルはやめたほうがいい。
  • おすすめしない。

 

このようにアドバイスをしているホームページが多数あります。

内容をチェックしてみると、

 

おすすめされない理由

  • 料金プランの選択肢が少ない
  • 1年後に料金が上がる
  • データ量の翌月くりこしができない

 

これらが原因で、格安スマホ・格安SIMに詳しい人達の方がおすすめしないと紹介していないのが理由。。。

 

しかし、初めて格安スマホを使う人にとってこんなに優秀な会社は他にありません!

 

今回の記事では、ワイモバイルはやめたほうがいいおすすめしないと言われてる理由から、そんなことはない!というプロの見解を紹介していく。

 

そんな記事の内容になっています!

 

ワイモバイルはやめたほうがいいと言われる理由

ワイモバイル やめたほうがいい?

 

ワイモバイルがやめた方がいいと言われる理由はおおまかに分けて、2つのカテゴリに分けられます。

 

  • 料金面
  • 他社にはあってワイモバイルにないサービス面

 

カテゴリ別に内容を詳しく解説していきます。

 

【料金面】他の格安SIMやMVNOと比べると割高

 

ワイモバイルは他社の格安スマホに比べると若干割高です。

割引なしを条件に、他社と最安値料金を比較してみました。

 

会社名月間容量料金
ワイモバイル3GBまで2,178円(税込)
UQモバイル3GBまで1,628円(税込)
楽天モバイル1GB以下まで0円(1GB以下の場合)
IIjmio2GBまで858円(税込)
mineo1GBまで1,298円(税込)
Biglobeモバイル1GBまで1,078円(税込)
OCNモバイルONE1GBまで770円(税込)

 

他社との料金比較を見ると、少し高いですよね?

 

Kたろう
ワイモバイルの料金が割高なのは個人的には妥当だと思います。

 

ポイント

  • 昼夜を問わず高速で通信ができる。
  • ショップで窓口対応ができるし、手続きもできる。
  • 家族割引やインターネット割引で、他社にまけない料金にできる。

 

得に、家族割引やインターネット割引を利用することで、他の格安スマホに負けないくらいの価格になるので、解決方法はきっちり用意されていますよ!

 

【料金面】1年後に料金が上がる

 

ワイモバイルは過去にも数回にわたり、1年間限定の割引サービスを何度も行ってきました。

 

でも1年後に割引がなくなると、急に高くなった気がしますよね?

 

2021年8月にワイモバイルに加入をすると、データ増量オプション(税込550円)がデータ増量キャンペーン2により1年間無料になります。

しかしこのデータ増量無料キャンペーン2も対象期間が終われば税込550円値上がりします。

 

注意ポイント

  • 必要でなければ申し込みはしない
  • 申し込みした場合でも1年後に取り外しをする

 

特にMプラン(15GB)Lプラン(25GB)ならば、データを使い切った後も1Mbpsの速度で使えるので、よくよく考えてから申し込みしましょうね!

料金が発生する日時を知っておくことで、対処できる問題なので、しっかり覚えておきましょう。

 

【料金面】解約月は日割りにならない

 

ワイモバイル解約月の料金は日割りになりません。

 

解約月の料金が日割りになる会社はUQモバイルくらいです。

 

他の格安スマホも、ワイモバイル同様にほとんどが日割りにならないし、解約をする場合は月末に解約をすればこの問題は解決できます。

 

【サービス面】データ量の繰越し機能がない

 

他の格安スマホには「データくりこし」があります。

 

データくりこしとは、1ヶ月の余ったデータ容量を翌月にくりこせる機能のことです。

 

ワイモバイルには、くりこし機能がありませんでしたが改善されました。

2021年8月18日から「データくりこし」がスタートします。

 

Kたろう
他社と同じように余ったデータを翌月にくりこせるようになるのは嬉しいですね!

 

ポイント

  • 料金:無料
  • 申し込み:不要
  • 追加料金:不要

 

すでにワイモバイルを使っている既存ユーザーも順次対象になるので安心してください。

この問題もすでに改善されているので、解決済みです!

 

【サービス面】データ無制限がない

 

大手キャリアなどにはあって、格安スマホにはないもの。

それはデータ無制限プランです。

 

Kたろう
格安スマホで、データ無制限がある会社は非常に稀なんです。。

 

  • 楽天モバイル(楽天エリア内)
  • ビッグローブモバイル(エンタメフリーオプション対象コンテンツのみ)

 

他にもデータ無制限を用意している会社はありますが、知名度が低いので格安スマホ初心者の人にはあまりおすすめできません。

 

ワイモバイルは15GBプラン、25GBプランであれば容量超過後も1Mbpsで使うことができます。

 

動画の再生やアプリのダウンロードでなければ、少しデータ通信速度が遅いのは事実ですが、実質データ無制限で利用できるのと同じですよ!

 

【サービス面】データを節約する機能がない

 

ワイモバイルにはデータを節約する機能がありません。

 

低速モード利用時の速度

  • OCNモバイルONE:200kbps
  • UQモバイル:1Mbps(スマホプランRの場合)
  • mineo:200kbps
  • IIjmio:300kbps
  • イオンモバイル:200bps

 

他社には、これら「低速モード」がありますがワイモバイルにはありません。

 

Sプランを利用した場合はしかたがないですが、MプランやLプランの場合、規程のデータ容量を超過した場合でも1Mbpsで利用できるので、必要ない機能とも言えます。

 

【サービス面】選べるプランが少ない

 

ワイモバイルはプランが3つあります。

 

ワイモバイルモバイル料金表
プラン名称プラン Sプラン Mプラン L
月間通信量3GB15GB25GB
料金(税込)2,178円円(税込)※割引適応時
990円(税込)
3,278円(税込)※割引適応時
2,090円(税込)
4,158円(税込)※割引適応時
2,970円(税込)
基本データ容量
超過時
最大300kbps最大1Mbps最大1Mbps
通話料30秒につき22円(税込)
ワイモバイルの通話オプション
名称だれとでも定額1回の通話で10分無料
内容1回の通話で10分無料無制限かけ放題
料金(税込)770円(税込)1,870円(税込)

 

他社の格安スマホにおける料金プランは種類が細かく、自分に合ったプランを選ぶことができます。

 

しかし別の視点から見ると、格安スマホ初心者の人にとって、自分にあったプランを把握することは難しいですし、何よりもプランが複雑になります。

 

格安スマホの上級者にとって、自分の使っているデータ量などを正確に把握することは難しくないことですが、これら格安スマホを初めて使おうと思っている初心者の方にとっては、少し難易度が高めですよね?

 

格安SIM初心者のひとは、限られたプランの中から選んだ方が簡単なので分かりやすいですよ!

 

【サービス面】SIMフリースマホではない

 

ワイモバイルで販売しているスマホはSIMフリースマホではありません。

しかし、これらに該当する人はSIMロック解除をすることで、SIMフリースマホにすることができますよ。

 

SIMフリーにする条件

  • スマホを一括で購入した場合
  • スマホを分割で購入してから101日経過している人 (口座振替)
  • スマホの支払い方法をクレジットカード払いで購入した
  • スマホの分割代金を完済した場合

 

SIMフリースマホは、後から変更できるのでここも問題ではないです。

 

【その他】特典やキャンペーンがわかりづらい

 

ワイモバイルのキャンペーンはわかりづらく、この件に関してはその通りだと思います。

 

そしてオンラインで契約をする場合では、2つの契約場所があります。

 

ポイント

  • ワイモバイル公式オンラインショップ:スマホ値引きに強い
  • ワイモバイルヤフー店:SIM契約時の還元が強い

 

これとは別に、ワイモバイルは契約する会社に問わない「ワイモバイルどこでももらえる特典」があります。

 

ワイモバイルどこでももらえる特典は、事前にエントリーをするだけで、オンライン契約でも店舗での契約でもどちらでも特典をもらうことができます。

 

どちらの契約でもPayPayボーナスが還元される特典なので、契約をする前に必ずエントリーしておきましょう。

 

【その他】店舗での購入は損をする

 

ワイモバイルを契約する方法は2通り。

 

  • オンライン契約
  • 店舗での契約

 

はたして、どちらで契約をした方が得をして契約できるのか?

 

答えはオンライン契約です。

 

店舗での契約をする場合より、オンラインで契約をした方が得に契約できます。

 

オンライン契約が得する理由

  • 事務手数料:無料
  • SIM契約:最大10,000円相当のPayPayボーナス還元
  • スマホ値引き:最大18,000円値引き
  • だれでももらえる特典:3,000円相当のPayPayボーナス還元

 

店舗では行なっていない特典がたくさんあるので、オンラインでの契約の方がお得に契約できることを知っておきましょう。

 

つまり「やめておいたほうがいい」理由のほとんどが解決できている。

これまで、ワイモバイルはやめておいた方がいいと言われる理由を紹介してきました。

 

その数は全部で10個もあり、決して少なくはありません。

 

ですが、そのほとんどの問題は

 

  • 解決できる問題
  • 既に解決されている問題
  • 格安スマホ初心者の人にはあまり関係ない
  • 知っておけば問題ではない

 

つまり、ほぼ全ての問題は解決されているか、初心者にはあまり気にしないで良い問題ということなのです。

 

格安SIMに詳しい人だと、物足りない会社かもしれないですが

今まで大手キャリアのスマホを使っている人であるならば、大切なことは毎月の料金を安くすること。

 

足りないサービス、使わないかもしれないサービスで悩むよりも、分かりやすいワイモバイルを使う方がおすすめです。

 

【結論】ワイモバイルは格安スマホ初心者におすすめできる

ワイモバイル

ワイモバイルは格安スマホの中では高級品。しかし、店舗での手厚いサポートを考えると納得の料金価格。大手キャリアと同じサポートを受けられるのはワイモバイルだけ。家族割引を適応すると2台目から税込990円で利用できます。

ワイモバイルは、他の格安スマホに比べるとサービスや料金プランが少ないのは事実。

 

だからといって、おすすめできない会社ではなく、むしろオススメできる会社なのです!

 

それでは、具体的におすすめできる人はどんな人なのか?
これらに該当する人はワイモバイルがおすすめです。

 

ワイモバイルをおすすめできる人

  • 毎月のスマホ料金が7,000円以上発生している
  • 自宅のインターネットがソフトバンク光を使っている
  • 家族でまとめて格安スマホを考えている
  • 店舗で相談や手続きをしたい

 

ワイモバイルは格安スマホの中では割高の部類に入りますが、大手通信キャリアで毎月7,000円以上の基本料金を支払っている人は、まず料金が安くなることでしょう。

 

そして、大手キャリアを使っている人は、家族割引を利用するために会社をまとめている人も多いはずですよね?そんな時は、家族まとめてワイモバイルに変えることで2回線目からは最安値で990円(税込)で利用できます。

 

もし、自宅でソフトバンク光を利用している人がいれば1回線目からでも2回線目と同じ料金で維持することも可能。

そして、一番の大きいポイントは他の格安スマホは店舗で受付できる業務が限られていますが、ワイモバイルであるならば問題は解決です。

 

ワイモバイルショップで行える手続き

  • 解約
  • 名義変更(譲渡)
  • 予約番号発行
  • 修理受付
  • 料金収納
  • 支払い方法変更

 

ワイモバイルはこれら全ての手続きがショップでできる唯一の格安スマホです。

はじめての格安スマホは不安と思った人はオンラインでお得に契約をして、近場のショプを利用するこ方法がおすすめです。

 

でもここだけは理解しておこう。

ワイモバイルはおすすめできる会社ですが毎月の料金プランが割高なのは事実。

 

もし、毎月の料金をとにかく安値にしたいとこだわりがある人には正直向いていません。

 

ワイモバイルは回線速度やアフターサービスを重視しているので、他の格安スマホと違いどうしても人件費や固定費がかかってしまう。
料金が割高なのもそのためと言われています。

 

料金にこだわりがある人は、1ヶ月のデータ量が1GB以下ならば永久0円で利用でき、電話も無料でかけ放題の楽天モバイルがおすすめ。

電波問題もかなり改善されており、価格で勝負なら間違いなくNo1の会社なのでおすすめですよ。

 

別の記事で詳しく紹介をしているので気になった人は参考にして下さい。

楽天モバイル【0円運用】本当に1GB以下なら無料!?ポイントを徹底紹介

続きを見る

 

まとめ

 

楽天モバイルは、値段重視の人はやめておいた方がいいという結論に至りました。

 

つまりは格安スマホの上級者で自分の使うデータ量などを全て把握し、手続きなどもお店ではなく、オンラインまたは電話で手続きが出来る人という事になります。

 

反対に、格安スマホをこれから使う人にとってはシンプルなプランでわかりやすく、お店で手続きや相談ができるので本当におすめです。

 

少しでも格安スマホは不安

 

こう思った人は、ワイモバイルを契約しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-ワイモバイル